むくみはどんな病気につながる恐れがあるのか?

するるのおめぐ実 病気

 

一日中立ちっぱなしで夜には足がパンパンにむくんでしまい、靴が入らなくなったり足が痛くなってしまったりとむくみを経験された方はたくさんいるのではないでしょうか。

 

実はむくみの中でも特に足のむくみは、危険な病気につながる恐れがあるのです。

 

朝起きた時にむくんでいて昼にとれるのであれば問題はありませんが、一日中続くようなら病気の可能性が高くなってきます。

 

同じ姿勢を続けたり立ち仕事をしていると重力に従って足の血管に老廃物を多く含む血液がたまり、心臓に戻りにくくなり起こってしまうが足のむくみです。

 

ではどんな病気につながる危険があるのでしょうか。

 

 

まず、下肢静脈瘤があげられます。

 

足が重くてだるい、むくむ、かゆいといった症状が現れたり、足の静脈が浮き出てミミズが這ったような血管がある場合下肢静脈瘤の可能性があります。

 

下肢を流れる血管は、血液を全身に送る働きをしている心臓から遠い為、他の器官に比べてスムーズに血液を心臓に送る事が困難です。

 

その為に通常では太ももやふくらはぎが血液を心臓に送り戻す働きをしています。

 

 

しかし太ももやふくらはぎの筋肉が機能していないと血液がうまく上にいかず、下肢に血液が溜まってしまうのです。

 

下肢に老廃物の含む血液が溜まったままになると、だるさや熱っぽさ、かゆみなどの症状が現れたり見た目も静脈がボコボコ浮き出てきます。

 

 

次に腎臓の機能障害です。

 

腎臓に何らかの異常があると、体の中にある水分が尿として外に排出されず体内に溜まったままになりむくみの原因になってしまいます。

 

 

3つ目は肝臓の機能障害です。

 

血液の中には血液の水分を調節してくれるアルブミンという成分が含まれています。

 

このアルブミンは肝臓で作られる為、肝臓の機能障害などによりアルブミンが作られないと血流量にも異常が起こり、むくみが起こる事があるのです。

 

 

他にも様々な病気の可能性が考えられます。

 

このように私たちにとって身近なむくみが危険な病気に繋がっている可能性があるのです。